Romance Hills

作品情報

パッション (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション (ヴ1-1))

パッション (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション (ヴ1-1))
2008/02/29
Amazonで見る
860

あらすじ

全表示 閉じる

1851年英国。牧師の娘で貞淑な未亡人パッションは、ロンドン万博の水晶宮で、危ないところを見知らぬ紳士に 救われる。青い瞳に射るような眼差しを持つ男、マーク。 ひと目で激情の渦へと呑みこまれたふたりは、巨大な間仕切りの後ろで互いを求めあった。素性を告げることな く始まった秘密の関係。パッションは子どもの生めない現実と、良心の呵責に苛まれながらも、いつしかマーク との結婚を夢見るようになる。だがそんな彼女をあまりにも過酷な運命が襲い……。 官能と清純──こんなに過激でありながら、これほど切ないロマンスはかつてない…… 全米ロマンス界の超話題作、ついに日本初登場!

キーワード

コメント

投稿されたコメント

2

  • 貴婦人
  • ネッシー
  • 余りのホットさに圧倒されます。けれど究極の愛の交情の際にあるのは、無償の愛を求める孤独な魂。邪悪な母たちの陰謀や終着の代償を払わされるマークとマシュー兄弟やローレンス。彼らを愛したが故に、身を切るような選択を迫られるパッション。パッションとマークの別れでは、思わず涙が出てきます。
  • 未亡人
  • Wet Rush
  • 訳本を読んでると、英語を日本語に置き換える過程が加わる事で、読み手への言葉の伝わり方にオブラートがかかるように感じる時があるんですよ。作者の伝えたい言葉のダイレクト感が薄れるような感じ。ただこの本は、基が英語だという事を忘れる程に、言葉が読んでてグサグサ刺さってるくる。文脈の力強さとかダイレクト感は、翻訳した方の腕前の素晴らしさに加え、原作の良さもあるのかな。http://www.wetrush.com/?p=4516
コメントを投稿する
  • お名前
  • ご職業
  • オススメ度
  • コメント

薔薇の花を贈ります。よろしいですか?

はい
いいえ

コメントを投稿します。よろしいですか?

はい
いいえ

ジャンル一覧